地球の歩き方

閉じる

カンタス航空 機内食

カンタス航空の機内食・アメニティー

全クラス共通
日本路線の食事は、オーストラリアを代表するシェフ、ニール・ペリー氏をアドバイザーに起用。前菜からパン、メインディッシュ、デザートにいたるまで、新鮮な素材を活かしたヘルシーな食事だ。
特別メニュー
両クラスとも、特別食をリクエストする場合は予約時に申請する。

カンタス航空のエンターテイメント

機内映画は日本語吹き替えが2チャンネル。最新映画が楽しめる。また、音楽プログラムはクラシック、ポップス、ジャズ、トークショー、コメディなど全10チャンネル。日本語チャンネルはポップス、落語・演歌の2チャンネルが用意されている。その他に、日本発の便ではオーストラリアのニュースが、オーストラリア発の便では日本のニュースが流れる。ワールドスポーツやコメディ、到着地についての案内などもある。ビジネスクラスには各席にパーソナルモニターが付く。成田-シドニー・メルボルン線では全席にパーソナルモニターを設置し、オンデマンド方式で300以上のプログラムが楽しめる。

地上サービス

【ビジネスクラス】
事前座席指定サービスや、到着空港での優先的な手荷物受領サービスなどがある。空港内ラウンジは、オーストラリア国内では「カンタスクラブ」が、また成田空港には日本初の専用ラウンジ「カンタス ビジネスラウンジ」で出発前のひとときを快適に過ごせる。

※「カンタスクラブ」
この「カンタスクラブ」はカンタス航空が直接運営しているので、利用者に便利なサービスが盛り沢山。パソコンやファックス、コピー機などは無料で使用できるほか、電話も国際電話を除く通話なら料金はかからない。シドニー、ケアンズ、ブリスベン、メルボルンなど主要空港内の「カンタスクラブ」にはシャワールームもあり、出発前のリフレッシュメントには最適。

オーストラリアの航空会社一覧
エアラインプロフィールTOP
地球の歩き方トップへ戻る

このページをシェアする

facebook twitter メール もっと見る
▲このページの先頭へ戻る